2020年 東京オリンピック・パラリンピックに係る救急・災害医療体制を検討する学術連合体(コンソーシアム) 2020年 東京オリンピック・パラリンピックに係る救急・災害医療体制を検討する学術連合体(コンソーシアム)

コンソーシアムの概要

私たちは学術団体としての使命を全うすべく、2020年東京オリンピック・パラリンピック(以下東京オリンピック2020)開催中の救急災害医療体制に係る学術連合体(コンソーシアム)を結成致しました。現在の構成団体は、日本救急医学会、日本外傷学会、日本集中治療医学会、日本集団災害医学会、日本中毒学会、日本熱傷学会、日本臨床救急医学会、日本救急看護学会、東京都医師会、日本小児科学会の10団体です。今後は積極的に多くの関連団体に参加を呼び掛けていく予定です。

詳しくは「コンソーシアムについて」のページへ

What's New新着情報新着情報 Whats'New

Documentsコンソーシアムからの提言コンソーシアムからの提言 Documents

該当件数:件のドキュメント

【キックオフシンポ】提言 コンソーシアム

【キックオフシンポ】開会の辞 コンソーシアム代表 横田裕行 コンソーシアム

【キックオフシンポ】オリンピックコンソーシアムについて 合同委員会 委員長 森村尚登 コンソーシアム

【キックオフシンポ】基調講演 Dr.Pamela Venning コンソーシアム

【キックオフシンポ】各団体進捗報告 コンソーシアム

【キックオフシンポ】シンポジウム当日配布用パンフレット コンソーシアム

東京オリンピックコンソーシアム合同委員会提言 コンソーシアム

2020年東京オリンピック・パラリンピックに係る救急災害医療体制を検討する学術連合体(コンソーシアム)の結成 コンソーシアム

Event News構成団体関連イベントのお知らせ構成団体関連イベントのお知らせ Event News